カルジェルとバイオジェル、これは両方ともジェルネイルの中のソフトジェルのメーカーの名前をつけたものです。
カルジェルがカルブックインターナショナル社のもの、バイオジェルがバイオスカルプチュアジェル社が作ったものです。

 

これは、日本にジェルネイルが入ってきた当時、ジェルネイルがこの2つのメーカー飲ものが流入してきたことから、あえてそれぞれの名前がついたものです。
日本でのメーカーがない時代でしたから、ジェルネイルなら、カルジェル、バイオジェルと区別されただけのことです。

 

ただ、バイオジェルは、カルジェルよりも長さをだすことができ、硬い仕上りになります。
そこで、ソフトとハードに区別される前は、カルジェルがソフトジェル、バイオジェルがハードジェルと勘違いされたことも多くありましたが、バイオジェルも区分としては、ソフトジェルネイルになります。

 

その証拠に、リムーバーがきちんと落とすことができます。
大きな違いとしては、カルジェルを購入する際には、講習を受けなければ購入ができない点でしょう。

 

また、アフターメンテも必要な事がありますが、カラーの種類も豊富で、バリエーション豊かなジェルネイルを楽しむことができます。
しかし、バイオジェルは誰でも購入ができ、扱いも簡単と言えます。
長さの面で言うと、こちらの方が良いと言えます。
日本においての老舗の各メーカー。
メリット、デメリットはあるものの、根強い人気があるメーカーと言えます。