ソフトジェルとハードジェルの違いとは?

ジェルネイルには、ソフトジェルとハードジェルがあります。同じようなもののようですが、使い方などが違います。
ソフトジェルは、アセトンなどで落とすことができるものですが、ハードジェルに関しては、そう簡単に扱えるものではありません。

 

普通日本で、ジェルネイルというと、たいていはソフトジェルのことを指します。
日本のメーカーはほとんどがそうですが、ハードジェルは輸入物が多いとされています。

 

ソフトジェルの方が種類も豊富で、キッドなどでも販売されていて、扱いがしやすいのです。
ソフトジェルの特徴は、柔軟性があり自爪への影響も少ないですが、折れたり欠けたりしにくいとされています。

ただ強度でいうと、ハードジェルネイルの方が上でしょう。
長さを引き立たせる、耐久性を求めるのなら、ハードジェルが良いという方もいらっしゃいますが、特にオフ作業に関しては、困難なことも多いとされていますし、自爪への影響は多大です。

 

大きな違いとしては、仕上りとオフ、自爪への影響になります。
どちらが良いか?と言うのは、好みにもよりますが、自分でジェルネイルをやりたいという方には、ソフトジェルが絶対にオススメです。

 

扱いやすく、アセトンですぐに落とすことができる、それにしても普通にマニキュアよりは、オフ作業は大変です。
少し、ジェルネイルの要領を理解してから、ハードジェルを、というのが良いかもしれません。

 

まずは、ソフトジェルネイルを。