体に害はない?

ジェルネイルは、体に害がある?
そんなことを言う方もいらっしゃいます。

 

この場合、何が害?ということですが、ジェルそのものなのか、UVライトなのか、アセトンなのか…。
正直言うと、どれも人間の体にはありがたくないものばかりです。

 

しかし、おしゃれをする点においては、ジェルネイルできれいに装飾はしたいですし、それにはUVライトが絶対に必要。
もちろんアセトンなどのリムーバーも然りということ。

 

ちなみに、UVライトのUVで、害に反応される方もいらっしゃいます。
紫外線には違いないのですが、UVAというもので、生活紫外線の範囲内だとされていますから、原則的には、害はないとされています。

 

毎日ジェルネイルをしたとしても、大丈夫です。
肌にアレルギーをお持ちの方で、アセトンなどのリムーバーに関しては、一定の反応が場合もあります。
リムーバーに関しては、できれば肌に付着しないようにすること、これはかぶれの原因になってしまうと言われています。

 

特に、アセトンは強力ですから、体に害と言うよりは、何らかの影響がある場合は考えられます。
現在は、アセトンフリーのジェルネイル専用のリムーバーもありますから、安心して使うことができます。

 

マニキュアを含むジェルネイルのように爪に何かを施すということは、爪の健康を損なうことは大いに考えられます。
だからこそ、日頃からの爪ケアは必ず行いましょう。
一度オフした場合は、数日は何も付けない状態でいるということも大切でしょう。