ジェルネイルはどのくらいの期間もつ?

ジェルネイルは、3週間から1ヶ月はもつと言われています。これがマニキュアにはない魅力として人気があります。
折角のジェルネイル、自分として満足している場合は、少しでも長くつけて痛いのは当然の事。

 

しかし、毎日何もしていないお嬢様生活なら良いのですが、日常の家事などは、ジェルネイルの大きな敵です。
一度つけたジェルネイルを長持ちさせるために、日ごろからのケアをしていきましょう。

 

こうすることで、長持ち期間がぐんと増えます。ジェルの大きな敵は、家事ではなく乾燥もあります。
劣化を防止し、自爪のためにも乾燥を防ぐことは大切です。

 

使うものとしては、ハンドクリームしキューティクルオイルです。
キューティクルオイルは、爪の付け根に使用します。こうすることで、生える爪が健康になります。
主婦でなくとも、ジェルネイルを剥がしてしまう行為、ありました。

それは、シャンプーです。
ジェルネイルをしている指での頭皮のマッサージは、ちょっと困り者。
こんな時には、シャンプーブラシがオススメです。

 

ブラシの先が丸いもので、優しく洗ってください。
髪のカットにあわせて、ジェルネイルを行うのも一つの手でしょう。
炊事や洗濯はゴム手袋の使用が絶対かも?

 

ゴム手袋の存在一つで、ジェルネイルのもちが違うと言っても良いでしょう。
手の乾燥防止にもなります。
そして、やっぱりトップコートを数日に一回に割合で塗ることで、持ちが全然違います。
厚く塗ると気泡ができますから、薄くが原則です。